車の下取りと買取

愛車を高価で手放すのであれば、下取りではなく買取を選択しましょう。

買取を選択する方がよりお得になることが可能性大です。それに、事故車、故障車の売却希望の際は、下取りにするといい評価が見込めないため、得するどころか、廃車の費用を求められることもあるでしょう。

ですが、買取なら専門の業者を選べば、ストレートに買取していただくことができます。

車を査定に出す時は、スタッドレスタイヤをつけたまま査定してもらうのではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。

査定を行う時、スタッドレスタイヤはマイナスになるといわれます。

状態が良ければまとめてスタッドレスタイヤも買取をしてもらえることもあるかもしれませんが、すり減って溝がない状態になっていると、処分にお金がかかってしまうかもしれません。

車査定と下取りのどちらがいいかと考えたとき、下取りのほうが勝っていると思われる方もおられるでしょう。

確かに、下取りであれば欲しい車を愛車の下取りで値引きできますし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行うことができるので楽ではあります。

ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高額になります。

さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に洗車をしておくのが基本です。

査定を行うのは人ですから当然、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に良い点数をつけたくなるというものです。
ここから

車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、小さな傷の確認などができず、それが響いて査定額のマイナスにつながるかもしれません。